自身の陰茎増大の衝撃をモニュメントへ昇華。

走り出しの芸術家や奇抜さを狙った芸術家に多いのが、
性や陰部を題材にした作品。
性は閉ざされた人間の面であり、その開示だけでも力が必要です。
しかし、この力を安易に利用するのは、楽なほうに逃げていたり、
見た目を見繕っただけのようでもあります。
今話題のアートディレクターのように、その実、中味がすっからかんだったりするのです。
芸術家には哲学が必要です。
ときに数式、リビドー、パッション、クオリアなどなど、
脳をかき混ぜるような執着するなにかが必要なのです。
ただ、おもしろく大きなマラの巨像を立てるのと、
自身の陰茎増大の衝撃をモニュメントへ昇華するとでは、
雲泥の差がそこにはあるのです。

刀剣のコレクションが趣味の友人が自己破産をし・・・

自分と同い年の友人に刀剣が趣味という人がいます。
自分は、今30歳すぎですが、同じくらいの年齢層で刀剣が趣味という人は
中々いません。
その友人は、刀剣をコレクションするのにも、熱心で、
欲しい刀があると、借金をしてでも、手に入れていたそうです。
そんな事を続けていたので、やはり、支払が出来なくなり、
最終的には、自己破産という事になったそうです。
その自己破産をするちょっと前に、一振り買わないかと相談されました。
実物を見せてもらったのですが、たしかに魅かれるものはありましたが、
所持に関しても色々制限があるし、何よりかなり良いお値段がしました。
友人曰く、それでも友人価格にしているという事でしたが・・・
たしかにあんな高価なものを買い続けていたら。。。
ん~、自分の身の丈にあったコレクションから始めるべきですね。

台所蛇口が水漏れ修理で思うプロダクトデザイン。

柳宗理というプロダクトデザイナーがいる。
身近なものでは、ガス栓が彼のデザイン。
普段何気なく見ているものでも、よく見ると芸術だなと思う事があります。
先日、蛇口を見ていてなんとも素晴らしい形だと思ったのです。
どれだけ、蛇口を見てこの考えに至ったかというと、
1時間くらいでしょうかそれ位見てフと思ったんです。
何故、そんなに蛇口を見ていたかというと台所蛇口が水漏れ修理で、
とんでもない事になって呆然と見ていたんです。
多分、頭が空っぽだったのも関係あると思います…。

ダイエットサプリメント・ショッピング論?「武士に脂肪はないのです」

昔の刀や槍など数多に現存する武器は、保管状態によって使用用途としては
難しい物が多いですが、芸術としての武器を見るとまだまだ、
存在価値を認めざるを得ません。
宝刀として用いられたりした物はもとより、実際に使用された業物を直接見ると
その存在感に圧倒されます。
眺めながら、これを使用した人はどんなだろう?と考えたのですが、
少なくとも私のように太ってはいないよなと自分のお腹に目が(汗
さて、帰りにダイエットサプリメントをショッピングしますか。

千葉でガラスコーティングをするときは

定期的に千葉でガラスコーティングをお願いしているのですが、
その時必ず行くのが美術刀剣のお店です。
世界に誇る日本の宝、
宝剣の魅力を余すところなく紹介してくれるそのお店の名は
「松本」ご興味があれば、ぜひ。

株式会社TNCのコスメをベースに?

お化粧をするときに「顔をキャンバスと思え」なんていう、メイクアップアーチストがいましたが、
どんなに薄く見えるメイクも、意外と丁寧に時間をかけていることが多いそうです。
私にはさっぱりわからないんですけど、プロの手にかかるとみるみる違ってくるのは、
テレビや雑誌で見たことがあるのでわかります。
先日はそのメイクさんにいろんな話を聞く機会があったのですが、
株式会社TNCのコスメの話がその日のテーマになっていたようで、ちょっとちんぷんかんぷんでした。

町田の外構工事は芸術的

街を歩いていると芸術的なものに目が惹かれてしまいますが、
この前町田の外構工事を目撃したときも立ち止まってしまいました。
その工事は、まだ未完成でしたが十分に完成形が分かるまで出来ていて、
素敵な洋風の家でした。庭も広くておしゃれな感じになっていて、
こんな家に住んでみたいと思って、じろじろと見入ってしまいました。
作業員の人に気づかれてしまったので、さりげなく立ち去ったのですが
もっとじっくり見てみたかったです。

トイレの水漏れが大事な絵を台無しに

トイレって家の中でも結構な時間を過ごす場所なので、自分なりにこだわりがあります。
香りやインテリアも統一感があって落ち着くように工夫しています。
中でも床置きや壁掛けのイラストレーションは知人に頼んで描いてもらったお気に入りで、
家に遊びにくる誰もが「真似したい」といってくれます。
ところが先日悲劇が…上の階のトイレが水漏れしたようで、
壁から伝った水でイラストレーションにしみができていたんです。
さすがに弁償してくれとは言えないので、なくなく大き目の額縁で隠すことにしたんです。

最近、産直のお肉のお取り寄せにハマってます…

友人の父の趣味の一つが、刀や弓などの武器を集めることだ。
時間を見つけては、武器庫となってしまっている自分の部屋で
一人満足そうな顔をしているらしい。先日遊びに行ったときに見せてもらったが、
なるほど、魅せられるのも分かる気がする。
もう少し詳しくなったらこの世界についてもブログに書いてみようと思う。
ところで、私は肉が大好きなので、全国から様々なご当地牛や豚の産直の肉をお取り寄せ、
家で全国の肉を食すことが趣味になりつつあります。
こちらもいずれご紹介します…

テープ保管したものがきっかけで

宇宙兄弟を読んでいて、導入部分小学生の兄弟が、
テープレコーダーに探検した音を録音している場面をみて、「あっ」と思った。
実は僕も同じようなことをやっていたのだ。
自宅の倉庫になっている納戸に行って探したら、
おかきの缶に「○○君テープ保管」と書いてあり、
中に懐かしいカセットテープがいっぱい入っていた。
デッキも取ってあったので、早速部屋に戻って聞いてみると、
兄弟とお店屋さんごっこしたり、絵描き歌を歌っている自分がいた。
ちょっとしたスランプに陥ってた僕だけど、
これは今後の創作活動の武器になる、と胸がスッとする感じがした。

芸術としての武器と犬の病気

ロールプレイングゲームで有名なのがドラクエやFFだが、
当然私も大好きであり、子供の頃から新作が出る度にプレーしている。
私は少し変わった見方をしており、武器が大好きである。
現実世界でも刀を見るのが大好きだが、最近見つけた鍛冶屋のようなところは、
非常に洗礼されており、もはや芸術としての武器にさえ見えてくる。
現在は我が家の犬が病気で行けないが、
直り次第、再度鍛冶屋通いをしようか考え中です!