刀工

刀工とは、刀剣、特に日本刀を作る職人の事を言います。
他にも刀鍛冶や刀匠と呼ばれることもあります。

刀工と一言でいっても、日本刀をつくりには数段階あり、
それぞれの段階の職人がいます。

  1. 鉱山師 – 鉱物を掘り出す
  2. 鉄穴師(かんなじ) – 砂鉄を採集し砂と分ける
  3. タタラ師 – たたら吹きの一種たたら製鉄し砂鉄を溶かす
  4. 山子 – 炉の火のための炭を焼く
  5. 刀鍛冶 – 鉄を製品に加工する(ここでは、鉄の塊を鍛造し日本刀にする)
  6. 彫師 – 刀に梵字や装飾図を彫る[5]
  7. 鞘師 – 刀にあわせて、鞘を作る
  8. 研師 – できあがった刀を研ぐ
    wiki参照

この中で一般的なのが、5の刀鍛冶ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です